書道
今野真二「日本語日記」 日本語を探偵する新着!!

筆者は、都内にある小規模な女子大学で、主に「日本語学」にかかわる授業を担当しています。日本語を母語とする学生がほとんどであるのに、日本語学とはこれいかに? そこから話を始めてみましょう。 https://www.nikk […]

続きを読む
書道
「源氏物語」などの古筆、料紙から始まる複製本作り

「源氏物語」などの古筆、料紙から始まる複製本作り 宮川保子(書研究者) 古筆とはおもに平安時代から鎌倉時代にかけて書かれた名筆で、和歌や物語に材をとっている。元々は巻物や冊子だったが、現在は掛け物など断簡の古筆切のかたち […]

続きを読む
書道
平常心と集中力

高野切れ三種の練習、一回仕上げるのに三時間程度。 やはり土日、まとまった時間しかできない。 でも、今日は、家族で映画を見に行くことになってから、 早起きして・・三時間でやりきるぞと気合をいれて望んだのが・・・ でも少し焦 […]

続きを読む
書道
(語る 人生の贈りもの)松岡正剛:13 多重性の列島「日本は方法の国」

■編集工学者・松岡正剛  《2000年以降は、「日本という方法」などで本格的に日本文化論を展開した》  日本は東洋に属して、しかも海を隔てた列島です。四書五経も仏教も外から入ってきたもので、稲・鉄・漢字・馬も順番に立ち上 […]

続きを読む
書道
また落ちた・・・昇段試験

書道学校に通っているので、卒業制作のほかに、毎月昇級試験、3月に一度の昇段試験があります。卒業し師範になるためには、初段以上は取らないといけない要件もあるので、毎月6種類のものを書いています。まぁ、それなりに練習して提出 […]

続きを読む
書道
わが子に「なぜ古文を勉強しないといけないのか」と問われた時・・・

プレジデントオンラインから。 https://president.jp/articles/-/79729 この記事の内容よりも、私が書道を、とくに古筆かなを学び始めて、古文というより日本語に対して疑問だらけになってしまい […]

続きを読む
書道
無駄かどうか

今期の目標は、古筆かな学び。そして、卒業制作は、かなと漢字。 そこで、高野切れ3種、12首を選定して書くのだが、1回書ききるのに約3時間。 今回で4回目。まだまだ筆運びがうまくいかずに・・・おそらく求められている合格レベ […]

続きを読む
書道
医学用語なぜ難しい? 新概念を漢字にした蘭学者ら追う

昨日の日経 医学用語に用いる漢字は、日常生活ではあまり使わない、難しい字が多い。私は幼少期から漢字が好きで見慣れない字を見ると胸が高鳴る。高校時代にiPS細胞作製成功のニュースに接して医学部に進むと、そこは漢字にまつわる […]

続きを読む
書道
古筆かな文字を通じて

今は、古筆の教科書としての王道、「高野切れ三種」に取り組んでいます。 古筆臨書が目的なので、お手本通りに書くことが正しいゴールなのですが 古筆かなは何が美しいのか正解なのかまったく理屈で理解できていないので あまり喜びも […]

続きを読む
書道
成田山書道美術館

成田山新勝寺の中にある、成田山書道美術館に行ってきました。 現代書家の展示のほか、平安時代の光明皇后のすばらしい楷書の作品や 聖徳太子 紫式部 菅原道真など 歴史的に有名な方々の万葉仮名の作品 も鑑賞でき、ちょっと感激し […]

続きを読む
書道
「書道」ユネスコの無形文化遺産に提案へ 文化庁

先日のニュース、 文化庁は、筆や墨などを使って、伝統的な筆遣いで手書きする「書道」を、ユネスコの無形文化遺産に提案することを決めました。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20231218 […]

続きを読む
書道
今日の朝刊の気になる記事(日本の自然観)

■日本の自然観 (異論のススメ スペシャル)日本の自然観と災害 佐伯啓思 この9月1日は関東大震災から100年であった。 この日、私はちょうど岩手県の三陸海岸のある小さな町にいた。 津波にのみ込まれ一瞬で消失した町だった […]

続きを読む
書道
努力の娯楽化

先日、尾石晴さんのラジオで、 努力の娯楽化ということをお話されていました。 楽しいからやり続ける。本人は努力なんて思っていないし、もっといろいろやりたいから没頭しているだけ。 確かにな~ なんでもある程度ものになるために […]

続きを読む
書道
書道の時間・・・

仕事に家事に育児に、想定外の出来事など 年齢的に睡眠時間も削れないし、 日々の中から書道の時間を捻出するのはなかなか難しいのですが でも、楽しいので、土日を中心にまとまった時間がとれれば 書道の時間にあてています。 先日 […]

続きを読む
書道
千字文

書道の学校に通い始めて、 最初に日下部鳴鶴の「津田永忠碑」の臨書 次は、石橋犀水先生の「行書千字文」の臨書 今は、同先生の「楷書千字文」の臨書 千字文なので、千字書いています。 ところで、この千字文ですが、以下URLから […]

続きを読む
書道
才能なくても。

書道講座の課題のため、睡眠時間を確保しながら、 細く長く息切れしないように続けている書道。 確定申告時期だったこともあり、ピークのときには、 なぜ、やってるんだろうと疑問に思いつつ、 夜中に墨をすり筆をもって練習していま […]

続きを読む
書道
中国・日本の書道史

今日は、午後1時から5時15分までぴっちり 4時間超、中国・日本の書道史を学んできました。 座学で、しかも、先生の方針で、 Q&A方式で答を書いていく方法でした。 書道史ですから、古代の方の難しい中国語のお名前や法帖名 […]

続きを読む
書道
昇段して

10月に挑戦した昇段試験、無事初段になれました! 嬉しいは嬉しいものの・・・ でも、資格試験でもないですし、何に役立つかと言われれば 多分、何も役立たないものかもしれません。 字が綺麗な証拠でもなく、芸術性に優れている結 […]

続きを読む
書道
基礎1-6

書道 11/01 ペン字 11/02 ・書道 用筆と運筆のポイントを学ぶ 用筆法は書の技法、姿勢は書に対する構え 運筆とは筆運びのリズム 習字を始めて1年半、とにかくお手本をガン見して まなぶはまねるだよな~とか思いなが […]

続きを読む
書道
基礎1-5

・書道 10/25 津田永忠碑の書体と背景を少し学ぶ。 日下部鳴鶴が、六朝書道を学びその過程で廻腕法に導かれ確立していく でも、疑問がたくさん湧いてきいろいろ調べ始めました. 以下は、ほとんど自分のメモ用として。 江戸幕 […]

続きを読む
書道
基礎1-4

基礎1-4 10月18日書道 19日ペン字 ・書道 津田永忠碑と日下部鳴鶴の歴史や背景を学ぶ。 津田永忠という方は、岡山の池田藩に属し、土木事業での功績だけなく 後楽園の築庭や現存する庶民を対象とした学校建築物として日本 […]

続きを読む
書道
基礎1-3

基礎1-3 10月10日書道 11日ペン字 ・書道 廻腕法を学ぶ   縦せんと欲すれば横せよ横せんと欲すれば縦せよ なかなか慣れない廻腕法ですが、毎日少しずつ練習しています。 その練習素材が、津田永忠碑というテキスト。 […]

続きを読む
書道
基礎1-2

・書道 基礎1-2 10月4日書道 5日ペン字 楷書の歴史を学ぶ 古代、漢字の書体は、篆書、隷書、楷書、行書、草書、の5体に大別。楷書の成立は定かではないが、後漢の末期、隷書の簡略速写に便利な書体として発生したと考えられ […]

続きを読む
書道
基礎1-1

基礎1-1 9月27日書道 28日ペン字 ・書道 家事後通勤、ちょっと仕事などをしてたら、初日は、いきなり10分、遅刻してしまいました・・・ 通学に少しずつ慣れていかねばです。 廻腕法なるものの触りを学ぶ。よくわからない […]

続きを読む
書道
趣味の広がり

習字を始めて、1年4ヶ月。10月には、半切(長い和紙)での昇段試験も 受ける予定で、少しずつ前に進めています。やっと趣味らしくなってきました。 ただ・・・ 3週間ほど前、夕刊にある芸能人の方が習字を習い始め、数ヶ月で展覧 […]

続きを読む